NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)を飲むタイミングは?
NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は本当に効果があるの?
NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)の著名人の口コミ
NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)危険性は?

ビタミンB3に含まれるNMNなのでビタミンB3を摂れば良さそうですが分子が大きいのでNMNのみを直接摂取する必要があります。

目次

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)効果について

最先端の研究で明らかになった人の若返り成分NMNですが果たしてどういった根拠があり理由があってこのように言われるようになったのでしょうか。ニコチンアミドヌクレオチドの効果について整理してみました。NMNを取り入れることによって効果があると言われているのが

若返り(アンチエイジング)、よく眠れる、エストロゲンが増える ミトコンドリアが活性化する、運動機能が上がる、代謝が上がる、認知機能改善される、視力、聴力改善、癌、糖尿病の予防になるなどまさにオールアラウンドの効果があります。

理由:視床下部にあるからだを改善するサーチュインという成分はNAD=NMNを燃料として利用しています。しかし年齢が上がるにつれて体内のNADは減少してからだの改善能力を落とします。結果からだの救助隊であるNADが不足すると筋肉など様々な器官が衰えていくという事になりますが摂取さえすれば若返り、あらゆる病気の予防にもなると考えられている。

根拠:ワシントン大学の医学教授今井眞一郎がNADを多くしたマウスで若返りの実験を成功させている。投与されたマウスは骨密度がわずかに増え、網膜などの神経細胞の衰えが少なくなり、運動能力も上がり、インスリン感受性が改善し若者のような食欲はあるが太らないからだになった。その臨床試験での成果論文がアメリカのサイエンスに掲載され話題に。現在人間での実験も開始している。1日250mgのNMNを10週間投与。インスリンの感受性が平均25%増加、遺伝子働きも高くさせたと報告されている。若返りのハーバード大学長寿研究者のデビットシンクレア教授がNMNを投与したマウスが生後22ヶ月のマウスが1週間後生後6ヶ月のマウスの筋肉になっていた事を研究で明らかにした。

危険性:マウスでは危険性がないことが分かっている。問題は人ですが実は2016年に人でも危険性など人体に悪い影響がないか臨床試験による調査を行いました。そこでは世界で初めて、人でも投与したNMNの量に応じちゃんと代謝している事が確認でき安全であることが確認された。慶應義塾大学よる今井氏を含む研究チームの結果、問題が無かったことが報告されている。ただし40~60歳の男性10人を対象で、500 ㎎の単発的な投与結果。東京大学研究2022年5月結果NMN250mgを65歳以上男性42人に12週間投与した結果安全である事を確認。NADの血中濃度が順調に増加し運動機能などが改善。他にも長期で投与が可能か試験が行われているが現在のところ安全ではないというデーターは発表されていない。ただ人での実験の資料は集まってきているもののまだはっきりと確定できる情報が少ないのが現状。

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)有力な口コミ!

多くの著名人が噂するNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)サプリメントとはどのようなものなのでしょうか?効果は本当にあるのでしょうか?各著名人がNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)サプリメントについて様々な角度から見解を各々述べていますのでまとめてみました。一般の方の口コミは理解が薄くあてにならない部分もありますので医師や各著名人の口コミなどを記載してみました。NMNの全貌や効果などがこれを読み終わったころには良い意味での本音など概要を把握できるかと思います。

【堀江貴文氏】ホリエモンNMNとは?効果などを詳しく説明

ただ俺は原価で仕入れているから月にそんなにかかっていはいないと思うけど金額で言うと多分100万円分ぐらいの価値だと思う。もう飲んでから3年位になる。日本でももっと売れたら良いからリーズナブルな金額で販売されると良いけど中々実現しないんだよね。NMNの第一人者あるアメリカの教授の今井眞一郎氏は「まだ人間でのエビデンスがある結果は出ておらず不確定だが割と高濃度のマウスでの若返り効果は実証された」と言っている。実証結果としては10歳~20歳の若返り効果があったと言われているという。

 

ラテン語で「デ」が数字の2で「モノ」が1となります。ヌクレオチドというのはDNAの主成分の一つ。

胎内に入るとヌクレオチドが一個くっ付いて2個に成るという意味です。ほぼ同じ物質です。

NADは細胞内では基本的に消費されずに使いまわされるので減らないのですが視床下部にあるサーチュイン物質が活性化するとNADが消費される事がわかっています。

視床下部にあるサーチュインは体の骨格筋を動かす際に血液中にあるNADを消費する仕組みになっている。骨格筋というのはほぼすべての体、表情を動かすための筋肉でそれに刺激を与え助けているのがサーチュインで消費するのはNADというわけです。若い人たちはこのNADが常に供給されているシステムになっている。

高齢者と20代の人ではこのNAD濃度が全然違う。下手をしたら10分の1とかの濃度になります。ですからこのNADを増やしてあげれば若返りに結び付くのではないかと言われているが現在はマウスでの実証実験のみという点とどの程度の量を飲めばよいかは不確定でわかっていない。例えばマウスと人間では体重がまったく異なるので人間でもまったく同じ量を飲まないといけないとすると原価で仕入れている私ぐらいは飲まないといけないかもしれない。市販価格で100万円位ですね。しかしそれも本当にそれで確実に若返るかは分かりませんので数十万円を掛けたら効くとも言えません。ちなみに飲むタイミングは今井眞一郎居住によれば朝起きてすぐ飲むのが良いらしいです。

もう一つ良い情報としてこのNADは脂肪細胞で作られていると言います。少し太めの人の方がNAD濃度が高く老化しにくいのではないかとも今井眞一郎が言われています。私は飲んでますがあなたは飲みますか?

中田敦彦氏の人気のYouTube大学ですがハーバード大学の老化研究世界的権威デビッド・A・シンクレアさんの本「老いなき世界」を紹介していました。世界20か国でベストセラーの本です。若返るにはどういった事をすればよいか?サーチュインが老化を抑制するとしてNMNサプリメントを紹介している。

その本によると老化は病気であり老化さえ治せばガンや心臓病、糖尿病にはならないという大体な見解を述べている。そして老化そもそものメカニズムはDNAの損傷とサーチュインによる救助活動によるものが関係しているそうです。DNAの損傷は強い紫外線や排気ガスを吸っているだけでも頻繁に起きていてそれを助けるのがサーチュインである。サーチュインはDNAが損傷したら常に身体の修復をする手助けをする救助隊のようなものである。あちらこちらでDNAの損傷を受けている人はサーチュインによる救助が追い付かなくなるため新しい細胞が作られにくくなり老化していいくわけです。この仕組みをサバイバル回路と言います。

【平島医師】横浜市胃腸内科クリニック:NMNは実際どのくらい必要か?最新研究結果

実際の病院の先生が言うNMNについての見解は非常に興味深いですね。胃腸内科の先生が考えるNMNが老化に関わる医学的なメカニズムと効果、販売額などを説明している。

MNMは元々体の中で作られているものですが年齢と共にだんだん少なくなってきて枯渇してくるんです。なので外から摂った方が良い。NMNは米国ワシントン大学医学部の今井真一郎という抗老化効果などについて研究している第一人者の方がマウスでの実験を成功させているそうです。人で言う60歳ぐらいのマウスにNMNをずっと与え続けていたら筋肉量や活動量が20歳ぐらいになったという。現在は人で臨床試験をおこなっている。アメリカでは糖尿病やガン、認知症の予防に使えないかと研究が盛んだそうです。そういった体や細胞の若返りをさせて病気になりにくくするNMNのサプリメントを実際に購入する事ができアマゾンで高いものは36万円、安いものでは3千円位販売されている。料金の違いは量や濃度の違いでそのうち料金も落ち着いてくるのではないかと思っている。製造技術も上がってきているので1ヶ月2~3万円ぐらいには落ち着いてくるんじゃかと私は予測しています。現在はきちっとしたものを飲むのであれば5~10万円はしてしまうのではないでしょうか。NMNはブロッコリーやアボカド、枝豆にも微量に含まれているがかなり微量なので日々の食生活で摂取するのは難しい。NMNは体に入るとNADに変わるわけですがNMNは腸から吸収されるんですよ。ですから腸も大事です。NADの量は20代が100としたら50代でだいたい半分になるんです。80代では10分の1になってしまうのでどんどん枯渇していくんですよね。なのでNADが不足していると老化して行くのではないかと言われている。NADはクエン酸回路というエネルギーを作る回路があり回路をグルグル回すために必要なものです。なのでNADがあると体の回路がどんどん回るためエネルギーが作られ元気になっていきます。

NADは自動販売機で使う硬貨のようなものでNADという硬貨を入れるとクエン酸回路が回る仕組みになっている。NADは使いまわしが効くのでいくら回わしてもなくならないのですが脳の中の視床下部にサーチュインと言う物質があってそこを活性化させるのもNADでサーチュインに関しては活性化させるとNADが消費されてなくなってしまうんです。サーチュインというのが若返り物質と言われています。サーチュインが活性化すると認知機能の改善だったり、細胞の若返り、視力や聴力の回復、インスリンの働きを良くする、あと癌の活性酸素のコントロールしたりして癌の予防になると予測されています。また骨格筋の力も強くなって顔のたるみも改善される。ですからサーチュインさえ活性化すれば顔の表情筋も強くなりたるみが少なくなり見た目の若返りも期待されている。年齢と共にどんどんなくなるのでNMNをできるだけ多く入れたいという事になります。

今人間で一日どれぐらいのNMNを摂れば有効なのかアメリカで研究を行っているのですがある説でいうと一日125mg摂れば良いという説や体重1キロ当たり8mgが良いという説、一日1000mg摂らないと効果が無いという先生もいてそこがまだはっきりしていない点でもある。最後に平島先生は注目のサプリとして体の免疫効果が高くなるものとして高濃度ビタミンと1日1兆個の乳酸菌、NMNの3つを上げている。

【廣瀬真也氏】美容皮膚科医:MNMを実際試した口コミと論文の内容を語る

最近話題にはなっていますが僕も1ヶ月ぐらいやっていますがめちゃくちゃ調子が良いです。まず朝が目覚めが良い、睡眠の質が良い、体が修復されているような気がします。NMNの効果について説明します。

人は生きているだけでDNAが損傷されていてそれを修復しているものがサーチュインという成分で遺伝子になります。サーチュインというものがDNAの損傷を察知してバーっと火消隊のように全体を駆け巡って直してくれるものなんですがそのサーチュインと言うものの餌になるものがNADという成分になります。そしてNADの前駆体がこのNMNという成分になるんですよね。NMNを点滴やサプリメントで体に取り込むとパッとすぐに代謝されてNADに変わります。そうするとサーチュインの餌が増えるわけですからDNAの損傷を治してくれるというわけです。

だから日々の老化や疲れで20代後半から減ってくるNADを増やすことによって常に老化をブロックしてくれるような作用があるんです。またNMNは老化をブロックしてくれるアンチエイジングだけじゃなくてリバースエイジング、もとに戻すという事も言われている。なので若返りも期待できるという事を論文でもわかってきているのですごく楽しみにしているところでもあります。ただラット、ネズミの所では論文が多いんだけれども人間ではまだ2本ぐらいしか論文がありません。最近サイエンスに掲載されたという事ですから今 後いろんな研究が進んで本当に良いものなのか、長く飲み続けて大丈夫なものなのか公表されると思うが今の研究レベルでは飲んでても悪影響がない言われていますから飲んでみる価値はあるのではないかと思います。

早く気付いた時が若返り、治療の始め時でもありますから一日でも早く老化を止めたいというものが皆さんありますよね。僕はおすすめだと思います。点滴もサプリも私はやっていますがめちゃ調子が良いです。点滴は週に1回、サプリは1日2~3回飲んでいます。私は開発をして販売もする予定ですので購入を検討する際は僕のもよかったら買ってください。

 

目次
閉じる